生石灰と消石灰の違いを楽勝で区別する方法!

生石灰 消石灰 違い
Sponsored Link

受験化学コーチわたなべ
こんにちは!

受験化学コーチわたなべ

です!

  

今日は、コラム的なお話で、

『生石灰と消石灰』の

違いについて、お話するよ。

  

実際、これの2つって

どっちが、どの化学式か?

って分かりにくくない?

  

俺が現役生のときは、

あんまり区別ついてなくて、

もし、出てたら、

滅んでたな、、、

(出てなくても

滅んだけど、笑)

  

だから、

受験の息抜き程度に

読んでほしい記事

だけども、

   

意外と重要なので、

この記事で一発で

覚えてくださいね!

生石灰から消石灰が出来る!

この2つの反応式は、

生石灰が

CaO

消石灰が

Ca(OH)2

です。

化学反応式は

CaO+H2O→Ca(OH)2

となるのです!

   

実は、この反応が

生石灰から消石灰へ

変化していることが重要なんです!

   

生石灰が水と反応すると、

かなり凄まじい反応をするんです!

   

百聞は一見に如かず!

  

生石灰と水を反応させて、

消石灰を作る反応をYouTubeで

見つけたのでこちらに載せて

おきます。

   

この動画は、生石灰と水が

反応している様子です。

   

ご覧の通り、

ぐにょぐにょに動いて、

まるで『生きている』ようです。

   

Sponsored Link

たしかに、

昔の何も知識の無い人が見たら

本当に『生きている』と

思っても仕方がありませんよね。

   

そう、きている石灰

生石灰!

   

そして、

この動画にはないですが、

この反応にも終わりが来ます。

『死んだ』かのように、

   

命が『消えた』と思ったのでしょう。

だから、『消石灰』なんですね!

   

まとめ

水と一緒に居ると、

生きているような反応をする、

『生石灰』

   

水との反応前だから

CaO

   

水と反応し終わって

命が消えたように止まっている

『消石灰』

  

水と反応した後だから

水酸化物イオンがついていて、

Ca(OH)2

   

こうなります!

   

また、生石灰はどっから

出て来たんだよ?

と思われるかもしれませんが、

   

これは、『石灰石』を

加熱することで生石灰は

出来ます。

   

今日の内容を全て復習出来る

動画がこちらです。

   

今回は、少し短い記事となりましたが、

受験の息抜きをしつつ

ためになる話を心がけました!

   

このような酸化物の熱分解の反応式の

入試過去問集があります!!

   

入試過去問集をダウンロード

Sponsored Link

6 件のコメント

  • この記事をノートに写してから参考書読むと、今までより頭に入ります!ありがとうございます!!

  • つい先日どっちがどっちか分からなくなるよねという話をしていたので友達に自慢したいです!
    この記事は勉強の合間に軽く見れて為になるのでとても良かったです

    • 良いアウトプットになるのでどんどん話してあげてください!
      ありがとうございます!

  • 学校では、授業時間に隙間がないためほとんど実験がありません。そのため、全くイメージがつかず、こんな反応になってるとは思ってませんでした!(教科書にも載ってないし)
    確かに生きてるみたいでした!
    これで、生石灰が水と反応すると消石灰になるという一連の流れがイメージついたので覚えられました!

    • 素晴らしいですね!
      こういうイメージがあるだけで多いに記憶の定着は変わりますよね〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です