システム英単語(シス単)の覚え方!センター120点アップの秘密とは?

システム英単語(シス単)の使い方

どうも、受験化学コーチわたなべです。

まあ、自己紹介の通り、受験化学を普段教えています。ただ、システム英単語a.k.a.シス単には強い思い入れがあります。

 

a.k.a.とは、also known asの略で、またの名をという意味です。

 

僕は受験化学コーチわたなべで、英語もちゃんと勉強しました。点数の伸びっぷりだとそこそこ英語系の情報発信者よりもあるのではないかと思います。

 

センター試験で言うと、現役の高校生の時は、最初の模試(夏休みの終わりの河合塾のマーク模試)は60点台でした。3割、、、、(笑)

 

それでも、現役のときのセンター試験の点数は140点まで伸びて、浪人でセンター試験の本番は180点を取ることが出来ました。

 

それもこれもひたすらシステム英単語を使いこなしたからだと思います。正直シス単以外の単語帳は考えられないですし、大学のときTOEICの勉強もすべてシス単で行いました。

システム英単語(シス単)

当時はこのデザインでした

ということで、今日はこのシステム英単語をどのようにしてすべてを覚えて、センター足引っ張り科目から、得点源に変えたのかをお話します。

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

システム英単語はどれくらいやったのか?

まず、わかってほしいことがあります。今日のこの記事はもちろん、僕がやった特殊な技も紹介しますが、どんだけ特殊な技を使ったとしても、絶対に何度も何度も使い込むことは必要です。

 

どれくらいやったかまず目で見てもらいましょう。

システム英単語(シス単)

表紙は剥がれて、製本すら危うい状態。ガムテープで補強しています。システム英単語(シス単)の使い方

このように、単語帳は真っ二つに裂けており、なんとか補修して単語帳としての姿を保っております。

正直、単語帳をスラスラ読んで単語を覚えようなんて甘いです。何度も何度もいかなるときも単語帳はスキあらば見ます。だから、これくらいズタボロになるのも仕方がありません。

 

角がとれて、楕円形になるまで

シス単は使いこなしましょう。

 

シス単さえできたら過去問演習で慣れていけば、センター試験で8割5分、すなわち170点は取れるでしょう。

 

また、今まともに英語の文章を読めていない人でも、シス単を覚えていけば、世界が変わったようにスラスラ読めます

 

「この単語もわかる!この単語もわかる!わかるぞ!わかるぞ!!!!!」

システム英単語をやるうえでのマインドセット

マインド1『全部覚える』

マインドセット

システム英単語を使う上で、覚えておいてほしいマインドセット(心構え)をお伝えします。

それは、『1冊すべて甘えずに覚える』ということです。

 

残念ながら単語帳を1冊覚えなくていいとおもっている受験生もいます。センター試験だけならこれくらいでいいかな?みたいな。

 

でも、甘えずに1冊完璧に覚えてください。スキあらば単語帳を見てください。

どれだけ英文法を学んで、どれだけ英語の構文を学んでも、全てが無駄になります。だって英単語がわからないと文章の意味がわからないから

 

推測とか、ディスコースマーカーとかで文章の意味を読み取るのだって、限界があります。なので、1冊の単語帳だけは必ずマスターしておいてください。

マインド2『ちゃんと単語を覚える時間をとる』

英単語を覚えるのは、スキマ時間!と固定観念を持っている人も居るでしょう。もちろん、高校1年生からコツコツやってきた人は、それでいいでしょう。

 

しかし、現役の時の俺のような、センター試験60点からスタートする人間としては、そのようなことは当てはまりません。ちゃんと英単語を覚える時間を作らなくてはなりません。

 

英語の点数の9割は英単語力です。英単語を知らずして英語を読めるようになることはありえません。なので、いちばん大事なんですから、英語の勉強の中では、英単語に一番時間を掛けなければなりません

システム英単語は後ろから使え!

システム英単語の使い方

このように、システム英単語は第1章から多義語の第5章まであります。第5章は多義語のコーナーですので特にレベルわけはされていないのですが、

 

第1章から第4章まではレベル別で並んでいます。で、そもそも単語のレベルってなんだ?ってことを考えてください。

例えば、第1章の「concentrate 集中する」という単語があります。そして、第4章には「riot 暴動」という単語があります。

単語のレベルで言うと、concentrateの方が覚えにくくないですか?長いし、、でも、riotの方がレベルが高く設定してあるし、実際にriot=暴動の方が知っている人は少ないでしょう。

 

その理由は、『単語のレベル=今までに見てきた回数』なのです。

 

第4章よりも難しそうな単語が第1章にあります。しかし、なぜそれが第1章かというと、今までに見てきた可能性が高い単語だからです。

 

そして、いままで出てきた事がある第1章の単語は今後も文章を読んでいるときに見る可能性が非常に高いです。

 

だから、第4章から単語は勉強した方がいいのです。

落ちこぼれ受験生のしょうご

よく出る方から勉強したほうがいいんじゃないですか?

と思うかもしれません。しかし、英語の長文でよく出る文章というのは、どうせよく出会うから自然と覚えるんですよ。それよりもむしろ出会わない方から勉強した方がいいです。

システム英単語で覚える編

準備するもの

小さい付箋

単語帳のための付箋

このように単語帳に付箋を貼ります。

付箋

このような付箋を使います。これは、100円均一でよく売っていて、透明でビニール性で紙の付箋よりも丈夫で、じゃまにならなくて、数も多いので非常におすすめです。

暗記カード

暗記カード

ベタ中のベタですが、暗記カードは必須です。もちろん全部書き写すみたいな真似はしませんが、じつはこの暗記カードは昔からあるツールでやはり便利です。

 

まあこの時代なので、紙の暗記カードである必要はありません。暗記カードはスマホのアプリでいいです。スマホの暗記カードは優秀で俺も昔、有機化学の官能基はスマホの暗記カードのアプリで覚えました。

暗記カードアプリ

余談ですが、このアプリはエクセルファイルを読み込んで単語帳にすることが出来るようです。なので、これを化学で応用して記述問題対策問題集、暗記カードバージョンみたいなのも出来るな〜と思いました。余談ですよ。

シス単の覚え方の工夫

語呂を使え!

システム英単語(シス単)の使い方

システム英単語にこのように語呂を書き込んで覚えていました。語呂で英単語を覚えることは否定する人も居ますが、俺は何も悪くないと思います。

 

というのも、読んでいて特に何の問題もなく読めるからです。実際語呂で覚えた英単語を使っても問題なく英文を読むことができました。

結構語呂を作るのは好きだったので、ガンガン語呂を作ってはページの右側に書いていました。

 

ただ、すべて語呂を考えていると非常に時間がかかりますし、無理だと思います。そこで、登場するのが次の補助単語帳です。

シス単と合わせて使った単語帳

システム英単語は普通の単語帳の中でも圧倒的に覚えやすいミニマルフレーズや語源などを載せてくれているので、そもそも最強なのですが、

 

それでもどうしても覚えにくい単語っていうのは出てきますよね。そのときに俺がよく使っていたのがこの単語帳です。

このVワードは、用法、用例に関して完璧ではないものの、一問一答で英単語の意味を覚えるのには、これ以上無い最強の単語帳です。

 

これの場合5回頭のなかで唱えたら、まあ頭に入りますね。さらに、シス単にこの語呂を書いておくことによって、何度も目に入ります。

 

シス単は基本的に赤シートで隠して意味を覚えますので、そのときに語呂が見えてしまうと良くないので、シス単のページの右側に『オレンジ色のペン』で書いておきましょう。

 

オレンジ色のペンで書くことによって赤シートに隠れます。

 

これは、すべての単語に語呂で意味が作ってあるのです。

更に、この語呂も無理くりの語呂ではなく

ほとんどの単語が自然な文章なので、

無理くりの語呂ではないので、

違和感なく頭にスッキリ入ります!

 

英単語を語呂でおぼえるのは邪道である

という人も居るでしょうが、

俺は全く問題なく語呂で覚えられて、

文章中でも使えました

システム英単語の使い方!

ここまでは一応前置きです。

それでは、システム英単語で実際に

どのようにして覚えていけばいいのかを徹底解説します。

書かない!唱えろ!

書かない唱えろ

覚えられないからとにかく書いていこうという人も居ます。

しかし、書いているときって実際脳みそは使われていますか?

 

意外と書いて覚えているときって思考停止していませんか?書いている労力に満足して案外集中はできていないと思うんですよ。

 

そうやって思考停止するより、頭を使ったほうが圧倒的に効果的です。その単語を何度も頭で書きます。つづり、発音、意味、語呂を頭の中で10回書きます

 

書かない分、頭を使わざるを得ない状況になります。

 

そうすると、実際手は使っていないので、手は疲れません。でも頭はめちゃくちゃ疲れるんですよ。手を動かすのは簡単です。でも、頭を動かすのはめちゃくちゃ難しいです。

 

でも、頭にはめちゃくちゃ入りやすくなります

ちゃんと意味を思い浮かべる

思い浮かべる

化学の授業で1対1で有機反応を教えているときに、有機化学で『ラジカル』という反応の話をしていました。この「ラジカル反応」は英単語のradicalから来ています。

 

このラジカル反応を説明するために、英単語の意味を聞いてみました。すると、その生徒は、

「radicalは求心的!」と答えることは出来るのです。

「じゃあ、求心的ってどういうイメージ?」と聞くと、

「、、、、、」

 

radical=求心的な」って覚えている人は多いと思います。

しかし、その生徒は、

『求心的な』の意味を知らなかったのです。

そうすると、文章を読む段階になると、

全く意味がありませんよね。

『radical=求心的な』と1対1対応で

覚えるのは別にいいのですが、ちゃんとその

『求心的な』ということをイメージできないと、

それはただ、

『ラディカルキュウシンテキナ』という長い1単語を何故か覚えているだけです。

 

わかりやすく例を出すと、

「apple=りんご」と覚えるだけではだめで、

このようにAppleはこの赤い甘酸っぱい果物を思い浮かべないと全く英単語を覚えている意味がありません。

 

だって、radical=求心力って知っていて、

英語の文章が出てきたときに読解できますか?

読み解くんです。和訳ではないんです。

後ろから100単語ずつ攻略する

1週間

シス単の第4章から100単語ずつ攻略していきます。

100単語を1セットとします。そして、月曜日から土曜日までその100単語のみを徹底的に見ていきます

 

で、日曜日にその100単語を確認していきます。日曜日にその100単語をテストするのです。そして、テストで間違えた単語だけ、『付箋を貼っておく』のです。

 

そして、1週間頭を使って覚えられなかった英単語は相当手強いので、その単語は次の週の次の100個に合流させます

 

で、これを繰り返します。2回テストをしてだめだった英単語は、下の章でお伝えします『カードピックアップ作戦』に移行します。

 

カードピックアップ作戦に2回テストして間違えたものを書き記しておきます。カードに書いたら付箋は外していきましょう

 

このカードは、すきあらばめくってみてください。

カードピックアップ作戦

シス単ピックアップ作戦このカードピックアップ作戦というのは、非常に英単語学習には欠かせない作戦です。

カードピックアップ作戦の2つの使い方

①文章を読んでいるときに出てきた単語をピックアップする

②シス単で何度テストをしても覚えられない単語をピックアップする

この2つの用途で暗記カードは使っていきます。

ミス単ピックアップ作戦

英語の文章

文章を読んでいるとわからない単語が出てくると思います。文章を読んで「この単語はどういう意味だろう」と考えた単語は、単語帳で初めて見る単語よりも遥かに濃いです。

 

模試なんかで集中して読んだ文章中に出てきた単語は非常に覚えやすいのです。なので、その単語は絶対に復習すべきです。

 

そのときに使うのが『暗記カード』です。いつでも見直す暗記カードを作っておくといいでしょう。

 

この作戦名をミス単ピックアップ作戦といいます。

シス単ピックアップ作戦

シス単ピックアップ作戦

次は、シス単ピックアップ作戦です。

 

これは、先程いいましたよね!『100単語のセット』を日曜日にテストするんですが、このテストに2週間連続で失敗した場合に、シス単ピックアップ作戦として、暗記カードに書いていきます

 

暗記カードは基本的に、1分でのスキマ時間があると思ったらめくりましょう。周りの目を一切気にせずめくりまくりましょう。暗記カードのすごいところは、1分で確認くらいならば30単語くらい勉強できちゃうわけです

 

ちゃんと頭で考えても15単語も勉強できます。1分1秒無駄には出来ないんですよね!

シス単を辞書として使おう!

文章を読んでいると、分からない単語に出会うと思います。そのときに必ずシステム英単語にチェックしておきましょう。

システム英単語の覚え方

このように、単語を付箋を貼っておきます。こうすることで、実際に単語帳で単語を覚えている段階でこの単語にありついたとしても、「あ、あのときの単語だな!」と思えるからです。

単語帳のための付箋

このように、ミス単ピックアップ作戦と併用してこちらにも記録を残しておきましょう。

よくある質問

ミニマルフレーズも覚えるべきですか?

シス単の特徴のひとつである

『ミニマルフレーズ』ですが、

これも覚えたほうがいいのか?という

疑問がよく来ます。

ミニマルフレーズをやるかどうかは、

あなたの残り時間によるということになります。

 

ミニマルフレーズは一番良く出やすい

用例を使った英単語が出ますので、

覚えたほうがいいです。

ただ、覚えるならば完璧に覚えないと

あんまり意味がないです。

日本語とミニマルフレーズが完璧に

対応してスラスラ出るまでヤルべきです。

そしてそこまで出来る気配がないのであれば

英単語と1対1で覚えたほうが遥かに

コスパがいいです。

 

最後に

本番に近づくと、どんどん

英語ができないのは読み方の問題だ

と思ってしまいます。

 

僕も論理マーカーとか、ディスコースマーカーとか

色々なものに手を出しました。

しかし、実際に一番効果があるのは、

英単語を覚えることです。

 

単語単語単語!!!

地味な努力が一番強いんです。

今日は僕が使っているシステム英単語の使い方を解説しました!

 

読解に使える英単語を頭にどんどんストックしていきましょうね!

また記憶したものの復習の仕方はこちらの記事を参考にしてみてください。

エビングハウスの忘却曲線を利用した超効率的復習法!

2015.12.13
スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

3 件のコメント

  • Ayako より:

    数学とかも実際にやった方法教えてください

  • 植田 より:

    シス単のミニマルフレーズは使わないんでしょうか? ネットでは「ミニマルフレーズは丸暗記しろ!」みたいな話が多いのですが、自分はなかなかできなくて…笑

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      覚えたほうが良いですが、そこに躍起になる必要もないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です