キップの装置の使い方と実験手順が面白いほどわかる記事

わたなべのお知らせ!
スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

受験化学コーチわたなべ
うも、わたなべです。
  

無機の気体生成で出てくる

装置ってありますよね。

  

こんなやつとか、

   

試験管

試験管

こんなやつとか、

   

丸底フラスコ

丸底フラスコ

こんなやつとか、

   

三角フラスコと滴下ロート

三角フラスコと滴下ロート

こんなやつとか、

   

二また試験管

二また試験管

こんなやつとか、

   

まあ色々ありますわね!

でも、なんかちょっと毛色が

違う奴が居るんですよ。

   

キップの装置
キップの装置

   

猫が驚いた
お前だけどうした!!!

   

お前だけ名前おかしいww

   

で、こんなに目立つ奴なんですが、

案外、実験手順知らん人も

多いわけです。

   

実際入試問題でキップの実験手順が

わかってますか?

って言う問題も問われています。

なので、今日はこのキップの装置

について徹底的に学んでもらいます。

   

キップの気体発生装置を使う場面

まずキップの気体発生装置を

よくご覧下さい。

キップの装置
この画像を見ればわかりますが、

「液体を上から流す」

「固体がある」

「加熱されていない」

   

そう!

キップの装置は、

加熱無し、液体+固体

の状況で使います。

   

キップの装置の構造

キップの装置は実は、2つの物から

できています。

  

いい感じの画像が無かったので

自分で書きました。

(※へたくそとか言わない事!)

キップの装置
キップの装置
  

  

こういうように2つの物が

組み合わされて出来ているもの

なのです。

自来也 合体
こんな状態、

   

占めたらどんどん戻ってくる

キップの装置の実験手順

さあそれでは、

キップの装置の実験手順を

解説して行きます!

   

すみません。この動画で「加熱あり!」とでかでかと書いてありますが

加熱無しです。すみません。



 

  

キップの装置

ステップ①

Eを外して粒状の固体試料をB部にためる。Eを厳重に閉じておく。

ステップ②

Gを閉じた状態でDから液体試料を入れCを満たしたのち、Bの固体試薬が浸るようにする

ステップ③

Gを開いて必要な量だけ気体を採取する。

ステップ④

GをとじることによりBの内圧が上昇して液面が下がり反応が停止する。なお使用後はHから液体試薬を取りだす。

キップの装置のスゴい点

キップの装置がスゴいのは、

気体の発生量をコントロール出来る

ことです。

  

Gをあけているとき

キップの装置
普通に固体に液体が

浸かっていますよね!

   

てことは、反応するから、

気体が発生するわけです。

  

Gを閉めると、

キップの装置
そしてGを閉める事で、

発生した気体の行き場が無くなるわけです。

   

だから固体まで浸かっていた

液体を下へ押し戻そうとします。

   

これで液体が

ろうとに押し戻されて、

固体に浸らなくなります。

   

これで、固体が液体と反応せず、

気体の発生を抑える事が出来るわけです。

  

あまりいい画像が作れなかったので、

動画で解説しています!

記述論述ではどうすべき?

入試でこのキップの装置が

出題されると次のような問題が

出ます。

この反応は、この装置で穏やかに進行させる事が出来る。その方法と装置上の利点について○○字居ないにこたえよ!

という出題がなされます。

   

なので、先ほど説明した内容を

まとめて文章にすればいいのです!

   

なので、答えは、

栓Gの開閉によりBの内圧を増減させて試料の接触の程度を加減できるから。

と言う風にこたえましょう!

   

さあ、どうでしたか?

案外キップの装置を

ちゃんと知っていた人

少ないんじゃないでしょうか?

   

このようなキップの装置など

マニアックといえば

マニアックな装置も実際に

入試問題になっています。

  

また、このようにきっちり無機化学を理解して身につける事は重要です。このような方法をメルマガで公開しています。

  

こちらから是非登録お願いします。

わたなべのお知らせ!
スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です