化学記述論述問題対策!字数の違いで書く事が変わる!?

んにちは、わたなべです。

この記事はおそらく直前期で

ある程度は、化学の力を付けた、

「でもなんか、思っている以上に

点数が取れないな〜」

こういう人に向けて

書いていこうと思います。

そんな人が、

記述・論述問題で無駄なところで

減点されないように

私はこの記事を書いています。

そしてその中で、

今日は気をつけるべき事の1つ、

字数

について注目していきます。

この字数によって

書くべき内容

が変わってきます。

もし、自分の志望校の過去問を見て、

その字数にあった対策は

必須です。

なので、今日の記事で

あなたの志望校と照らし合わせて

どのような文章を書けばいいのか?

というのを書いていきます。

10~15字

これほど短かった場合、

もはや、主語述語の単文

例えば、

何がどうする。

何がどんなだ。

何は何だ。

このような文章で終わりです。

キーになる「何が〜」の内容を考えて、

それを、そのまま書けばいいです。

30~40字

この字数になると単文では

済まされなくなります。

複文で書かなければ

ならないことが多くなります。

〜が〜であるから、〜は〜である。

のような文章になってきます。

例文

イオン化傾向がZn>Cuであるから、

電子は左の極から右の曲に移動する。(33字)

したがって、2つくらいの事柄を

結びつけて1つの文として表現

していく事になります。

50~100字

単文の数で表すのなら、

この程度の文字数なら

5つほど入れなければならない

ようになります。

複文が3つ4つできるので、

文の順や、接続詞に注意して、

論理的に筋が通ったように

文章を構成する事を考えなければなりません。

200~800字

この文字数はもはや作文です。

絶対に書くべき事柄を

まず流れ図的に表して、

それを見据えながら、

その内容に適当な具体例などを織り込んで、

文章を作り上げていきましょう。

今日の記事は、

ただつらつら記述問題の字数の

注意点について書いただけと

なりましたが、

非常に重要な内容で、

大幅にその大学の傾向が

変わらない限り、

毎年同じような文字数指定の

問題が出ますので、

その志望校の書くべき内容を

この記事で確認して、

それを意識して、

書いていきましょう!

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です