イオン反応式とは?裏ワザ的書き方を徹底解説!

イオン反応式,とは,書き方
Sponsored Link

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

どうも、ワタナベです。

今日は、案外書き方がわかっていない『イオン反応式』の書き方について話していきます。

イオン反応式で何を省略して、何を書けば良いのか?というのが迷いの種になっている人が非常に多いようです。

なので、ここをキッチリ区別していこうと思います。

イオン反応式とは?

「イオン反応式」と調べてみて、最も上に書いてあるサイトに書いてあった、イオン反応式の説明です。

化学反応式とは違い、反応に関するイオンだけの変化を表した式をイオン反応式といいます。

化学反応式では左辺と右辺の原子の数をそろえましたが、

イオン反応式では原子の数だけではなく電荷の総数も等しくなるように係数を合わせます。

まあ、この説明で間違ってはいません。

しかし、この説明をされて、じゃあイオン反応式を書けるようになるかと言うと、結構難しいわけです。

それで、何問か問題を解いていて、何となくわかった気になりますが、残念ながらそれではうまくイオン反応式を書き上げる事はできません。

だから、例えば酢酸ナトリウムに塩酸を加えて酢酸を遊離させるという反応があったとしたら、

CH3COONa+HCl→CH3COOH+NaCl

という化学反応式になりますが、

イオン反応式だと、

CH3COO+H+→CH3COOH

という反応式にします。

しかし、イオン反応式の定義、教科書的な書き方を学んだだけで到底、書けるとは思えません。

なので、とても書きやすい、頭を使わなくても出来る方法をお教えします。

イオン反応式の作り方

ステップ①化学反応式を書け!

CH3COONa+HCl→CH3COOH+NaCl

さきほどのようにこのように反応式を書きます。

ステップ②電離しやすいものは電離させろ!

そして、この化学反応式で電離するもの、(ナトリウム塩や強酸)を電離させます。

CH3COONa++H+Cl→CH3COOH+Na+Cl

ステップ③両辺でキャンセルできるものはキャンセルする

このように電離したものを見ると、

Na+とCl-はキャンセルできますよね。そしてのこったものは、

CH3COO+H+→CH3COOH

Sponsored Link

ということになります。

例題

それでは他の問題を解いてみて、それで確認していきましょう!

基本的にイオン結合というのは、水に溶けやすいです。つまり金属+非金属の結合の化学式は水に溶けるので、イオンにします。しかし、時々沈殿する例外があります。

例外はコチラで覚えましょう。

http://xn--qck0d2a9as2853cudbqy0lc6cfz4a0e7e.xyz/inorganic/deposition

FeCl3水溶液にNaOH水溶液を加えるとFe(OH)3の沈殿が生じる

ステップ①

FeCl3+3NaOH→Fe(OH)3+3NaCl

ステップ②

Fe3++3Cl+3Na++3OH→Fe(OH)3+3Na++3Cl

ステップ③

Fe3++3Cl+3Na++3OH→Fe(OH)3+3Na++3Cl

 

AlCl3水溶液にNH3水を加えるとAl(OH)3の沈殿が生じる。

ステップ①

AlCl3+3NH3+3H2O→Al(OH)3+3NH4Cl

ステップ②

Al3++3Cl+3NH3+3H2O→Al(OH)3+3NH4+3Cl

ステップ③

Al3++3Cl+3NH3+3H2O→Al(OH)3+3NH4++3Cl

Ca(OH)2水溶液にCO2を通じるとCaCO3の沈殿が生じる。

ステップ①

Ca(OH)2+CO2→CaCO3+H2O

ステップ②

Ca2++2OH+CO2→CaCO3+H2O

ステップ③

Ca2++2OH+CO2→CaCO3+H2O

※消すもんが無かった。

動画で復習しようぜ!

今回の内容を動画で確認していきましょう!



イオン反応式はこのように考えれば、非常に簡単に解く事が出来ます!

2次試験に向けてガンガン活用していってください!

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です