なぜ「似た者同士よく溶ける」と言われる?その理由を解説

双子

んにちは、わたなべです。

今日は、高校化学でよく言われている、

「似た者同士よく溶ける」

についてです。

この格言は物質の溶解性に関して

とても的を射た格言で

とても分かりやすいです。

しかし、

「なんで似た者同士はよく溶けるんだろう?」

と思った事はありませんか?

私は思っていました。

そもそも

「似た者同士ってなにが似てるの?」

と思っていました。

やはりこの理由について分かっていないと

単なる暗記に終わってしまいますし、

そしてこの理由は、

あらゆる有機反応の原因となっている

性質なので、

ここでマスターしておくと

有機反応でもつかえ、

有機反応を理解して覚える事ができます。

なので必ず最後までこの記事を読んでください。

何が似ているの?

この疑問の答えが

なぜ似た者同士はよく溶ける

と言われるかの理由となります。

何が似ているか?というと、

その分子の極性です。

つまり、

電荷の偏りが存在しているかどうか?

ということです。

「電荷が偏っている物には

電荷が偏っているものが溶ける。」

「電荷が偏っていない物には

電荷が偏っていないものが溶ける。」

と言う事を言っている格言なのです。

極性のある物質同士

水分子

例えば水分子だと。

酸素原子の電気陰性度は

フッ素についで原子第2位ですよね。

F>O>N=Cl

このような順番でした。

なので酸素に電子が引き寄せられて、

酸素がマイナスに電荷が偏り

水素がプラスに電荷が偏ります。

このような

「極性をもった溶媒」である水によく溶ける

のは、

似た者である「極性をもった物質」なのです。

だから思いつく水によく溶ける物質

を思い出してください。

例えば、アンモニアです。

アンモニア

このように

極性

アンモニアは電気陰性度が大きい

窒素分子に共有電子対を吸い上げられて、

極性が生まれていますよね。

このように

極性がある水に溶ける物は

極性がある物質なのです。

金属でも

そのままでは溶けませんが、

イオン化すると溶けます。

そもそもイオン化とは、

電気的中性物質が

電荷の偏りを持つ事を言いますから、

イオン化すると水に溶けます。

だからイオン化傾向が大きい

金属は水との反応性が良いのです。

イオン化傾向

無極性物質

無極性物質は主に

有機溶媒と言われる物です。

有機物質の主な原子は

炭素と水素ですよね!

先ほどはFやOが

Hよりかなり大きい電気陰性度を

ようして、

Hとの共有電子対を引き寄せ

極性が生まれていました。

しかし、今回の炭素の電気陰性度は

電気陰性度

この画像から、水素と0.4しか

変わらないのです。

つまり、非共有電子対を

圧倒的に引き寄せるほどの

力は無いのです。

よって

無極性分子となります。

画像の出典

「生物史から、自然の摂理を読み解く」さん

「高校化学教室」さん

「Kazumoto Iguchi’s blog」さん

「放浪者の道標 基礎有機化学」さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です