受験で有機化学構造決定を確実に完答するための勉強法

有機化学 構造決定 勉強法

んにちは、わたなべです。

 

有機化学は私が化学を指導する中で

最も力を入れる分野です。

 

理系受験生で国立大志望の人は、

有機化学が最も重要」といっても

全然過言ではありません。

 

その理由は3つあります。

 

それは、

①かなり差がついて、出来なかったときほぼほぼ落ちる

 

②英語、国語などの文系科目、また数学や理論化学などの難易度に左右されることが無い

 

③出題頻度が高い!(2次はほぼ出る!)

 

この3つです。

 

ぶっちゃけ

伸びない現代文とか勉強する暇

あったら構造決定の演習でも積んどけ!

と言いたくなる事があります。

それほど構造決定は重要です。

 

今回の記事ではその

有機化学の勉強法をご紹介します。

ガリ勉

 

よくある無茶苦茶な勉強法

くの人が

「有機はあんきだろ!」

「有機化学は演習量だろ。」

「構造決定は慣れだろ!」

 

とか思ってます。

 

そしてもっと乱暴なのが、

とにかく問題をたくさん解いて

コツをつかめ!

という教師、

 

これが可能なのは、

全く部活をやっていない

帰宅部で高校生活を受験に捧げたような人

だけです。

 

こういう問題をやりまくって

何となくコツをつかめ!

という人は、時間が大量にないと不可能で

 

中途半端に終わってしまって、

「俺はなんで有機化学も出来ないのだろう、」

 

夏まで部活に魂を捧げていた人が

出来る技ではないです。

 

私が教える方法は、

そんな無茶苦茶な物では

ありません。

時間がない受験生が

最短距離で完答までたどり着くような

勉強法です。

有機化学 勉強法

この勉強法を知ると、

・闇雲に片っ端から問題を解く必要が無くなります

・有機化学が楽しく感じられます

・完答しないなんてあり得ない!と思えます。

 

ですが、

この勉強法の手順を踏まずに

 

面倒になって

「問題いっぱい解いて暗記しちゃえ!」

 

と思ってしまった場合、

 

・構造決定の点数が不安定になります。

・そうすると、周りに差を付けられます。

・センターの現代文での失敗も許されなくなります。

 

 

私も実はこのような無茶苦茶勉強法

をして、現役時代失敗しています。

 

現役時代とにかく反応を覚えようと

必死でした。

 

 

反応を覚えては忘れ、

覚えては忘れをくりかえしていました。

 

まず、

よく居る、有機は問題演習量だ!

という人はそもそも

 

「有機反応を覚えるのが簡単」

だと思っているのです。

 

しかし、

短期間で有機反応の全てを

覚えるのはかなり難しい事ですし、

 

ただの暗記だとすぐ忘れます

 

 

なのできっちり有機反応の勉強の仕方

もお話ししていかないと行けません

 

それでは実際にその内容に

入っていきましょう。

有機化学の反応を理解&覚える方法

まず有機化学の反応を覚えるのは、

かなりの労力です。

 

それにきっちり反応を理解していないと

構造決定のパターンでよくある

 

分解物を合成し直すという反応では

どことどこが反応するか?

と言うことに気づけません。

 

例えば、

エステル結合、アミド結合、ペプチド結合

 

これらを別々の反応として

とらえるのは危険です。

 

 

実は、これは全く同じパターンの問題です。

 

これらの反応は全て、

 

カルボニルの電荷の偏り

を「非共有電子対」がアタック!

という反応です。

 

 

カルボニル基の電荷の偏り

 

非共有電子対

 

このように、

有機化学の反応を

反応前の物質と、反応後の物質

を覚えるのではなく、

 

有機化学の反応を

理解して自分で反応の流れを追う

ようにしていきましょう。

 

有機化学構造決定の解き方を身につける

国立大入試で有機化学の問題は

ほぼ間違いなく、

有機物の構造決定問題が出題されます

 

この構造決定とは何か?

この構造決定を攻略するには、

まず構造決定が何か?

ということを分かっている必要があります。

 

構造決定とは、名探偵コナ◯に

似ています。

名探偵コナン

分子式は同じですが、

構造が違ったり、立体的性質が違ったり、

置換する位置が違ったりする、

 

異性体」という「容疑者」が居ます。

 

この容疑者の中から

問題文や条件、反応出来る可能性、

などの「状況証拠」から

犯人をどんどん絞っていきます。

 

そして様々な犯人を消していき、

真犯人を探す推理ゲームだと思います。

 

もちろん、えん罪で別の構造を犯人だと

思ってしまえば入試に落ちます

 

推理に必要なもの

このような推理ゲームをするには、

必要な事があります。

 

 

まず大事なのが

「容疑者をあげること」

 

 

まずコナンでも容疑者を

何人か挙げていきます。

 

ここでもし容疑者を挙げた中に

犯人が居なければ迷宮入りしますよね。

 

だから、

容疑者を漏らさず書き出す

ということが大切です。

コナン 容疑者

そのために必要な勉強は、

分子式を確実に求める計算力

異性体を漏れなく書き出す力

この2つを磨くトレーニングを積みます。

 

そして、

探偵や警察の推理は

ある程度「方針」があります。

 

まず殺人現場の現場検証を

しようとするときは、

まず、凶器がないか?と探したりしますよね。

現場
このように、

有機化学の構造決定問題でも

いくつかの解くときの

方針」があります。

 

この方針は数パターンしかないので、

覚えれば確実にマスターできます。

 

 

これらが、有機化学の勉強ポイントの2つ目

「有機構造決定の問題の解き方を

身につける」です。

 

反応の知識を構造決定用に変換する

有機化学反応の知識は

学校や予備校、参考書で

勉強する事になると思います。

 

ですが、その反応の知識は、

先生や著者が説明しやすいように

書いてある」と言う事を

頭に入れておかなければなりません。

 

どういうことか?

 

例えば、先生や参考書は、

アセチレン 水素付加

出典:化学の星

 

「アセチレンに水素を付加させると、

エチレンが出来ます!

このとき触媒は水銀を使います!」

と説明すると思います。

 

 

ですが、

有機化学の構造決定で最も大事な事

このなかでどこだと思いますか?

 

それは、

水銀触媒」の部分なのです。

 

なぜなら、

アルケンは水素付加のとき、

水銀触媒が不要

だからです。

 

なので問題文に

「水銀触媒で水素を付加した。」

とあれば、

 

アルケンという可能性を消して、

アルキン一本に絞る事が出来ます

 

このように、

普通に左から右にならった

有機反応を

「右!ということは左だ!」

 

と言う風に

有機反応の知識を構造決定に必要な

形に変換する

必要があるのです。

 

 

この3つをきっちり学ぶには?

これらの3つの事を

全て習えるところは、

なかなかないです。

 

参考書とかを見ていても、

ほとんどが反応を覚えさせること

ばかりにフォーカスし、

 

構造決定は勝手に演習してろ!

と言っているようにすら感じます。

 

しかし、どう考えても

そんな無茶苦茶な方法では、

時間がない受験生を救う事はできません。

 

なので、

私のメルマガで構造決定を

完全マスターしていただきます。

 

 

このメルマガへの登録は完全無料です。

つまり、あなたは、

完全にノーリスク

メルマガを受講する事が出来ます。

 

下のフォームにメールアドレスを

ご記入してください。

 

ただいま期間限定で、

『ベンゼン環の問題文表現集』という

テキストを公開しています。

 

これは、構造決定で、

ベンゼン環の置換基が

様々な表現で表されるのを

まとめた物です。

 

 

 

少しのヒントでも絶対に

落としては行けません。

 

そのためにどのように表現されているのか、と言うのを学ぶのは非常に大事です。

 

メールアドレスを入力してくれれば

それも送ります。

 

もちろん、あなたがメールアドレスを

記入する事で、迷惑メールが来たり、

第3者に情報が漏洩される事は、

一切ありません。

こちらからご申し込みください。



有機化学構造決定満点メルマガ登録する!

6 件のコメント

    • 決まり事は無いです。
      その時々で反応ごとに必要なものを使われています。

      有機反応を理解しないと厳しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です