グリコーゲンとは?デンプンとの違いはあるのか?

グリコーゲン,デンプン,違い

 

どうも、受験化学コーチわたなべです。

 

今日は、グリコーゲンについてお話ししていきます。

 

落ちこぼれ受験生のしょうご

グリコーゲンとデンプンってどう違うの?

という質問を時々受ける事があります。

 

どちらも多糖類でα-グルコースがグリコシド結合を繰り返して出来た高分子です。

 

どちらも同じように見えますが、これらは異なる物質です。どのように異なるかについて徹底的に見ていきましょう。

 

デンプンとは?

デンプンとは、α-グルコースが1位と4位と一部6位のヒドロキシ基がグリコシド結合をしたものです。

 

デンプンについてはこちらで詳しく説明しています。

 

デンプンのアミロースとアミロペクチンの違いとは?

 

グリコーゲンとは?

グリコーゲンは、アミロペクチンと同様多数のα-グルコースが1位(ヘミアセタール由来)のヒドロキシ基をもちいて

 

デンプンとグリコーゲンの違い

デンプン(アミロペクチン)とグリコーゲンはほとんど構造も同じです。でもどう違うのか?

グリコーゲン,アミロペクチン

グリコーゲンとアミロペクチン。結構似てますよね。グリコーゲンは、アミロペクチンよりも『枝分かれが多い』です。

 

また、合成される場所が違います。アミロペクチンは、植物で合成されますが、グリコーゲンは動物の体内で合成されます。

 

まとめ

グリコーゲン,アミロペクチン

このようにグリコーゲンとアミロペクチンはよく似ている。

 

違いは、グリコーゲンの方が枝分かれが多く、動物体内で合成される。一方アミロペクチン(デンプン)は緑色植物体内で合成される。

 

という違いがありました。このようにこの2つを区別しておいてください!

 

有機反応バナー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です