グリコーゲンとは?デンプンとの違いはあるのか?

グリコーゲン,デンプン,違い

どうも、受験化学コーチわたなべです。

 

今日は、グリコーゲンについてお話ししていきます。

 

落ちこぼれ受験生のしょうご

グリコーゲンとデンプンってどう違うの?

という質問を時々受ける事があります。

 

どちらも多糖類でα-グルコースがグリコシド結合を繰り返して出来た高分子です。

 

どちらも同じように見えますが、これらは異なる物質です。どのように異なるかについて徹底的に見ていきましょう。

 

デンプンとは?

デンプンとは、α-グルコースが1位と4位と一部6位のヒドロキシ基がグリコシド結合をしたものです。

 

デンプンについてはこちらで詳しく説明しています。

 

デンプンのアミロースとアミロペクチンの違いとは?

デンプンとグリコーゲンの違い

デンプン(アミロペクチン)とグリコーゲンはほとんど構造も同じです。でもどう違うのか?

グリコーゲン,アミロペクチン

グリコーゲンとアミロペクチン。結構似てますよね。グリコーゲンは、アミロペクチンよりも『枝分かれが多い』です。

グリコーゲンの役割

また、合成される場所が違います。アミロペクチンは、植物で合成されますが、グリコーゲンは動物の体内で合成されます

まず、ぼくらは糖分を摂取しますよね。

糖類摂取

体内では、この糖類を加水分解にして『グルコース』にまで分解されます。

ただ、糖分が多すぎて血中のグルコースの濃度が大きくなりすぎることもあります。

糖分

ただ、そうなると、血中濃度を一定に保とうとします。余分なグルコースなんかは、体内で肝臓や筋肉なんかに『グリコーゲン』として貯蔵しておくのです。

 

こうやって貯蔵することで、もし足りなくなったときにこの貯蔵からグルコースを引っ張り出してきたらいいわけです。

 

多いときに貯蔵しておいて、少ないときに貯蔵から持ってくる。貯金と一緒ですね!

まとめ

グリコーゲン,アミロペクチン

このようにグリコーゲンとアミロペクチンはよく似ている。

 

違いは、グリコーゲンの方が枝分かれが多く、動物体内で合成される。一方アミロペクチン(デンプン)は緑色植物体内で合成される。

 

という違いがありました。このようにこの2つを区別しておいてください!

 

わたなべのお知らせ!

2 件のコメント

  • ぺち より:

    グリコーゲンの説明がかき途中で終わってますよ><

    • 受験化学コーチわたなべ 受験化学コーチわたなべ より:

      ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    浪人の夏休みまで死ぬほど勉強したにも関わらず偏差値50を割ることも。そんな状態から効率よく化学を学び化学の偏差値を68まで爆発的に伸ばした。その経験を塾講師としてリアル塾で発揮するも、携われる生徒の数に限界を感じ化学受験テクニック塾を開講。 自己紹介の続きを読む。