再生繊維であるビスコースレーヨンと銅アンモニアレーヨン

再生繊維,ビスコースレーヨン,銅アンモニアレーヨン

有機反応バナー

どうも、わたなべです!

今日は、再生繊維に関してお話ししていこうと思います。

 

再生繊維で入試に出る2つの再生繊維をお話しします。

再生繊維とは?

まず、再生繊維とは何か?が結構わかっていない人も多いです。

 

この再生繊維と言うのは、セルロースを加工したものです。

 

セルロースを加工したものです。セルロースを加工したものです。

 

セルロースは、このように

セルロース,結晶構造

繰り返し単位で結晶構造になっています。また、分子間や分子内で水素結合をしていて、水や有機溶媒両方ともに溶けません

 

多糖類代表選手セルロースを徹底的にまとめてみた!

 

しかし、このセルロースをCS2、Cu2+を加えると水に溶けます。

 

これを利用して、繊維状に加工したものが再生繊維です。

 

ビスコースレーヨン

ビスコースレーヨンは、ビスコースをレーヨンしたものです!!

意味わかんねえ

はい、今から説明します。

 

まず、ビスコースと言うものがあります。

 

ビスコースとは、セルロースからなるパルプを農水酸化ナトリウム水溶液と二硫化炭素CS2に溶かすと、

ビスコースレーヨン

右辺のがどんどん消費されてしまうので、右へ平衡が移動します。

 

なので、溶けにくいセルロースもどんどん溶けていきます。セルロースが溶けるとどんどん溶液の粘度が高くなります。

 

この粘度が高い溶液を『ビスコース』といいます。

 

ビスコースレーヨン

このように、セルロースのヒドロキシ基を潰していくため、『水素結合が出来なくなる』わけです。

 

こうなると、先ほどよりもかなり加工しやすくなるわけです。

 

そして、これを希硫酸などの酸性溶液に押し出すと、弱酸遊離反応でヒドロキシ基が再生し、セルロースと同じ構造を持った繊維が出来るわけです。

ビスコースレーヨン,製法

そう、この繊維って、光線のようにうつくしいのです。光線=rayです。rayがonするので、レーヨンなのです。

onはてきとうですが、、笑

このようにしてビスコースレーヨンが出来ます。

 

 

銅アンモニアレーヨン(キュプラ)

先ほど、ビスコースレーヨンを作ったとき、『濃水酸化ナトリウム水溶液と二硫化炭素』を、『アンモニア水溶液と硫酸銅』に代えればいいんです!

 

アンモニア水溶液と硫酸銅』この混合溶液をシュバイツァー試薬と言います!

銅アンモニアレーヨン
実際は硫酸銅ではなく、[Cu(NH3)4]2+が働いていました。

このようにしてセルロースを溶かします。

 

セルロースを溶かしたものを、希硫酸などの酸性溶液に押し出すと、弱酸遊離反応でヒドロキシ基が再生して、セルロースと同じ構造を持った繊維が出来ます!

銅アンモニアレーヨン

光線(ray)のように繊維ができるので、レーヨン!と言われます!

まとめ

このように、ビスコースレーヨンと銅アンモニアレーヨンは、一度溶液に溶かしてそれをray onすれば、レーヨンになります!(伝わったのか、、、)

 

セルロースを溶かす!→弱酸遊離で復活!

 

ということで、『再生繊維』という名前がついています!

 

きっちり復習するために何度も読み込んでください!

 

有機反応バナー

3 件のコメント

  • 再生繊維は、参考書みると、ワケわからん反応式と長い構造式が小難しく書かれてあって見るのもいやで、丸暗記するしかないと思って嘆いていましたが、この記事はおもしろくて、再生繊維がなんなのか苦なく理解できました。
    個人的にシュバイツァー試薬という言葉がすごい好きです笑

    • そうなんですよね!再生の意味がわかれば結構わかりやすいんですよね!

      シュバイツァー試薬笑
      確かにカッコいいですよね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です