化学の重要問題集に手を出すべきでない人とは?レビューしてみた

化学の重要問題集を使ってもいい人

どうも、受験化学コーチわたなべです。

今日は受験生の多くが使っている重要問題集をレビューしていこうと思います。

まず、なぜこのような記事を書こうとしたのかということですが、重要問題集は誰でもかれでも手を出していい問題集ではありません

良い教材ではあるのですが、使い方を間違えると、大ダメージを受けてしまいます

 

半年やったのに、偏差値が50のまま。とか、重問を5周やったのに、セミナーしかやってないやつに模試で負けている。とか、

 

重問は、それをうまく使いこなした勝者と使いこなせなかった敗者を生み出してきています。

 

あなたが前者になれるように、今日は重問のうまい使い方を書いていこうと思います。

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

重問の素晴らしいところ

名前の通り重要問題集である

重要問題集は、問題の選定には文句の付け所がないです。過不足なく、非常にうまく問題が選び抜かれています。

落ちこぼれ受験生のしょうご
重問でちゃんと網羅できますか?

という質問がときどき来るのですが、重要問題集以上の網羅性を求めるより、他の科目をするか赤本をやったほうがいいですね。

 

重要問題集の無駄のなさもかなり素晴らしいです。重要問題集に取り上げられている問題の背景までちゃんと理解したら、化学で受験に失敗することはまず無いでしょう。

本番に即している

この重要問題集のいいところは、改題もありますが、ほとんどが入試問題のまま出題してくれるということです。

 

重要問題集とセミナーの一番の違いはここです。セミナーは入試問題をぶつ切りにした問題集です。なので、重要問題集をあえて使う理由はここでしょう。

本番に即した演習が出来ます。セミナーは知識をつけて、それを運用する練習をするのには素晴らしいですが、重要問題集のように入試の実践的演習が出来る機会で言うと劣ってしまいます。

重問の欠点

初心者には理解不能の解説

初心者が手を出すと理解不能だと思います。夏休みになったからいきなり重要問題集をやってみよう!という基礎が出来ていない受験生を見かけますが、

おそらくそういう人には理解できないでしょう。

ちなみにこれは欠点に入れましたが、長所でもあります。というのも、上のレベルでどんどん自分を高めていきたいのに、いちいち基礎の基礎まで解説されると面倒ですからね。

つまり、まだ基礎ができていない人に取っては欠点であり、勉強が進んでいる人に取っては長所なのです。

この欠点を解決するのは、基礎が出来ていないならば重問に手を出してはいけない!ということですね!

解法がバラバラ

 

重要問題集の解法ってバラバラなんですよね。例えば、気体の分野なんかも一問一問方針がバラバラで、この問題とこの問題でまるで解法が違うんですよね。

 

考えられる理由は、重要問題集は毎年すべての問題を変更するわけではないので、毎年少しずつ問題が追加されたり削除されます。

すると、重要問題集の第1版から今までの改訂ですべて同じ人が問題を解いて、模範解答を作っているようには思えないんですよね。

だから、人それぞれ違う解法になります。人それぞれ方針が違いますので、出来上がる解答もバラバラです。よって、問題ごとに方針がめちゃくちゃやな〜って感じる分野が何箇所かあります。

解法が問題ごとで違うと実際の模試や本番で、自分ひとりではその解法を思いつくことが出来ないんですよね。

 

例えば2017年の重問17番のアボガドロ定数をステアリン酸の単分子膜から求めるという問題ですが、

こちらのように、受験化学コーチわたなべの解法は明確で簡単です。アボガドロ定数の単位『個/mol』を分子分母で作り上げよう!って言うだけです。

しかし、重要問題集の解法は左辺と右辺をステアリン酸の『個数』で等号でつなぐという解法が書かれています。

 

そう、両辺個数でむすぶというような解法は、『この問題でしか使えない』のです。しかし、俺が示している分子分母の単位を揃えるという解法は、別のところでも使えます。

モル濃度とパーセント濃度を脳みそを使わず変換する計算法

2015.12.05

この%濃度からmol濃度へ変換するものでも、楽々使えます。この濃度関連もすべて同じ方針で解けますし、

固体の溶解度の計算問題は1つの解法で!場合分け不要や!

2016.07.03

固体の溶解度の問題でも同じように、単位を作るという考え方は楽々当てはめることが出来ます。どちらが本番が使える解法なのかは明白でしょう。

重要問題集の解法は『再現しにくい』というのが難点です。だから、解法は別でまなんで置くべきだと思います。

 

解法を学ぶならば、日本で一番優れているのがこのサイトですね。そもそもこの重要問題集で『思いつくわけ無いやろ!』と悩み続けていた僕が書いているのですから、

再現可能な解法ばかりを書いています。試しに解法をまとめたテキストを読んで確かめてみてください。

重要問題集を使うべき対象者

踏み絵

これを考えると、重要問題集は使うべき人と、使うべきでない人が明確にわかれますね!

そして、使うべきでない人が周りが使っているからと言って使い出すと大変なことになります

重問を使っていい人の条件は2つあります。

1つ目の条件:夏休みまでの基礎の出来具合

まず夏休みに入った段階で、セミナー(リードα)レベルの教科書傍用の問題集のA問題、基礎問題レベルが解けるようになっている人です。

現役生の場合は、既習部分だけで十分です。既習部分のセミナーのA問題が苦なく解きこなせている人であれば重文に突入していいでしょう。

2つ目の条件:志望校

そもそも、基礎は出来ているけど、志望している大学にそれほど難しい問題が出ない標準的な大学の場合、無理に重要問題集に手をだすのは時間の無駄です。

 

重要問題集に手を出してもいいと思うのは、旧帝国大学や医学部を目指す場合です。

 

ここで、医学部は大学によっても標準問題ばっかりのところもあるのですが、医学部のレベル的に1問も落とせない戦いをしなければならない可能性が高いので含めました。

2つ目の条件は当てはまるけど1つ目の条件がだめな人は?

つまり、旧帝大を目指しているけど、セミナーのA問題レベルができていない人はどうすればいいか?という質問です。

これは、絶対にセミナーを使ったほうがいいと思います。新しく問題集に手を出すくらいならば、時間がないのでとっとと赤本をやっていったほうが絶対にプラスです。

 

こういう条件を出すと、よく重問を使うに値しない人でも合格が無理と言っているわけではありません。今やっている問題集を完璧にしたほうが合格に近いから言っているのです。

完璧なセミナーvsあやふやな重問

重問をやるから合格するわけじゃない!ということを肝に命じておいてください

 

重問を使っていないことに不安を感じることは非常にわかります。周りが使っているし、ネットを見たら重要問題集は必須!みたいなのもユーチューブでみたし、、、

 

わかります。でも、残念ながら焦って手を出した重要問題集をやりきることは絶対に出来ないと断言します

 

あなたが立てた重要問題集をやる計画は見事に毎日3割も終わりません。人は追い込まれると信じられない勉強計画をたてますからね。

『毎日重要問題集を30問を解くから10日で1周が終わる』

みたいな。

 

まあ、俺が現役のときに書いたやつなんだが、、(笑)こんなことやるくらいなら、これまで定期テストで何度も使ってきたセミナーやったほうが強いです。

 

↓amazonでのお求め↓

化学重要問題集ー化学基礎・化学 2017


↓楽天でのお求め↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

化学重要問題集 化学基礎・化学(2017) [ 数研出版編集部 ]

価格:972円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)

 

最後に

問題集は必ず必要になってきますが、いちばん大事なのは解法を学ぶことです。

10周やろうが、20周やろうが、本番に思いつかないような解法を暗記しているならば、0周と同じです。

 

それなら0周で最後の高校生活の青春を楽しんでいる方がまだいいですよね。だから、解法ありきであり、問題集を〇◯周することに意味が無いということを覚えておいてください!

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

8 件のコメント

  • ジカルボン酸 より:

    高校三年生のMARCH志望です。
    セミナーがそろそろ終わるので重問に入ろうかなって思ってたのですけど、重問はMARCHだとオーバースペックですかね?
    またセミナーの次は何をやればいいですか?

  • ジカルボン酸 より:

    MARCH志望です
    重問は旧帝国大と医学部を目指す場合とありましたが、MARCHの場合オーバースペックでしょうか?またその場合セミナーの次の問題集は何をするのがいいでしょうか?

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      セミナーを完璧に出来ているのでしょうか?
      おそらく、セミナーをやりきることはなかなか難しいです。
      ちゃんと理解して、なので次のことは考えなくていいです。

      それよりは過去問を解いていったほうが良いです。

  • izumi より:

    千葉大学工学部志望の者です。2次試験での化学の配点が物理の2分の1、英語と数学の3分の1なので英数物の3教科に時間をかけたいです。セミナーは問題数が多いので、教科書を読みながら問題数がとても少ない『橋爪のこれだけで合格』のシリーズを反復していきたいのですが、過去問で問題演習をたくさんやっていけば合格点はとれるでしょうか?

    • izumi より:

      高校3年生です。まだ教科書レベルの問題も理解できないところがあります。

      • 受験化学コーチわたなべ より:

        千葉大の過去問次第です。
        過去問を見て対応できそうだと思えば出来ますし、出来なさそうだと思えば出来ません。

        その問題集に取り組んだことが無いのでなんとも言えません。

  • yudai より:

    セミナーと新標準問題演習は同等のレベルだと思うのですが、セミナーとの違いは何でしょうか。

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      では、新標準問題演習でいいと思いますよ。
      一般的な流れとしてよく出されるのが、
      セミナー⇒重問という流れなので、出しただけですので、
      安心して使えばいいと思いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です