酸塩基『弱酸遊離反応』をドラえもんに例えて覚える方法

弱酸遊離反応



今日は弱酸遊離反応を

丸暗記では無く、

意味性を加えて、イメージを付けることで、

理解して覚えられるようにしていきます。

 

脳みそは

論理性、意味性、感動性があることは

すぐ覚えられます。

 

ですが、

意味も無い文字の羅列などを

覚えることを極度に嫌います。

 

だから、まさか周期表を語呂無しで覚えている人なんて居ないと思います。

 

この論理的であること、意味が通っていること、感動できることについて

詳しくは下の記事で話しています。

「暗記したことを長期記憶にするために意識する3つのこと」

 

よくある参考書には、

イメージを付けること無く、

『弱酸の塩 + 強 酸 → 強酸の塩 + 弱酸』

とか

『弱塩基の塩 + 強塩基 → 強塩基の塩 + 弱塩基』

とか書いてあって、

「誰がこれでおぼえられるね〜〜ん!」

と突っ込みたくなります。

 

まあこの記事では

なるべくあなたが知っている内容に

例えて、身近に感じてもらえるようにします!

 

そして、

 

どうやって反応式を書けば

よいかも分かります。

 

入試では知っている反応だけが

出るとは限りません。

 

知らない反応にも対応出来るようになります。

前提として覚えておいて欲しいこと!

必ず覚えておいてほしいことは、

強酸強塩基と弱酸弱塩基の違いです。

 

この強酸、強塩基の性質と、

弱酸、弱塩基の性質の違いによって

弱酸遊離、弱塩基遊離反応が起きます。

 

それは、

 

強酸強塩基は電離しやすい

つまり、『イオンの状態が安定

 

弱酸弱塩基は電離しにくい

つまり、『分子の状態が安定

 

これです。

 

これが重要です。

だから、

『強酸強塩基が分子だと、すぐに別れたくなります。』

また、

『弱酸弱塩基がイオンだとすぐにくっつきたくなります。』

よくある弱酸遊離反応例

弱酸遊離反応で最も有名な反応例は、

酢酸ナトリウムと塩酸で酢酸が遊離する反応だと思います。

弱酸遊離反応

これはCH3COO^-が分子とした方が

安定だからH^+とくっついて

分子になって遊離するのです。

 

 

この反応を弱酸遊離反応と言います。

 

ですが!!!

 

 

もちろんこんな説明だけで終わらせる

つもりはありません!

 

この記事は

ここからが本番です!

 

 

ここからがこの記事です!

 

なんと、弱酸遊離反応を

ドラえもんの世界』で例えるのです!

ドラえもん

ドラえもん

ドラえもんの力関係ならみんな知っていますよね。

 

弱酸遊離反応

弱酸遊離反応

これです!笑

 

のびたはジャイアンにいじめられています。

のびたはいつもジャイアンに、

ぶっ飛ばされています

 

ここで言うと、

弱酸は『のびた(CH3COO-)』

強酸は『ジャイアン(HCl)』

 

のびた『どらえも〜ん、僕やっと

イオン化できたよ〜』

ジャイアン『伸びたがイオン化だと💢』

『追い出してやる!💢』

ジャイアン

こうなりますよね!

スクリーンショット 2015-12-18 13.21.27

そしてこのように追い出します。

 

弱酸遊離反応とはこういう反応の

ことのなのです。

スクリーンショット 2015-12-18 13.22.12

隠れているのびたの弱酸である

酢酸がイオン化しています。

強酸のでジャイアンのHClに

追い出されて酢酸分子が追い出されます。

まとめ

  • 本来電離しにくい「のびた」が、やっと電離できたと思ったのに、

 

  • ジャイアンに目を付けられて、のびたは元の分子に戻され、ジャイアンは優雅にイオン化する

弱酸遊離反応が使われる例は実はかなり多い

弱酸遊離反応は気体の生成反応でもよく使われます。さらに他にも色々あるので思い立ったらどんどん更新して行きます。

カルボン酸の検出反応

有機物の酸の強さは、

スルホン酸>カルボン酸>炭酸第1電離>フェノール>炭酸第2電離

の順番です。

『スカタンフェノール』で覚えましょう!

もし、構成元素がC,H,Oのみと決まっていたら、

炭酸第1電離、NaHCO3を追い出せるのは、

『カルボン酸のみ』となります。

RCOOH+NaHCO3→RCOONa+H2CO3

となります。

そして、H2CO3は不安定なので、速攻

H2CO3→H2O+CO2

の変化をします。

カルボン酸 検出反応

カルボン酸は、炭酸イオンに

「お前は地球でも温めとけ!」

と言って炭酸を追い出し、

二酸化炭素が検出されるのです。

このように、炭酸水素ナトリウムに、

加えて、気体が発生すれば、

カルボン酸であると切れます!

復習は動画で!

こちらの動画でキッチリ

復習してどんな反応でも

反応式を作り出せるようにしましょう。

15 件のコメント

  • ダイコン より:

    こんにちは。

    弱酸遊離反応の動画を見て疑問に思ったのですが、イオン化とはどのように定義されいるのでしょうか?

    僕は「イオンの状態(例えばCH3COO ̄)になること」がイオン化の定義だと思ったのですが、動画ではCH3COONaの状態が「イオン化している」状態だと感じました。

    教えて下さい。よろしくお願いします。

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      もちろんそうですが、
      ナトリウム塩は100%電離するので溶液中で余裕でイオン化しています。

  • けんと より:

    2NH4Cl+Ca(OH)2→2NH3+CaCl2+2H2O

    FeS+H2SO4→H2S+FeSO4

    NaHCO3+HCl→CO2+H2O+NaCl

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      おお!これらも全て弱酸遊離反応、弱塩基遊離反応ですね!

  • 吉本果穂 より:

    課題の答えをどこに書いたらいいかよく分からなかったのでここに書きます。
    1、NH4Cl+Ca(OH)2=CaCl2+2NH3+2H2O
    2、FeS+H2SO4=FeSO4+H2S
    3、Nacl+CO2+H2O

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      あ、なるほど、宿題出したこと忘れてました笑。

      塩化アンモニウムの前に係数が2ですよ〜!

  • ふくぶちょー より:

    宿題の3番が
    NaHCO3+HCl→NaCl+H2CO3になりました。
    上のコメントの人達と同じ答えになりませんでした。
    答えは→NaCl+CO2+H2Oなのですか?

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      炭酸はH2CO3→H2O+CO2の反応が起ります。炭酸は不安定だからです。

  • koju より:

    硫酸銅と硫化水素で硫酸が遊離するのは
    弱酸遊離反応に対しても、
    揮発性酸遊離反応に対しても
    例外であると覚えれば良いですか?
    何か簡単な理由はありますか

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      弱酸遊離反応の例外は在りません。
      それは、違う反応で酸化還元反応です。

  • volley より:

    2NH4Cl+Ca(OH)2→2NH4OH+CaCl2
    にはならないんですか?

  • もえこ より:

    宿題
    1: 2NH4Cl+Ca(OH)2→2NH3+CaCl2+2H2O
    2: Fe2S+H2SO4→H2S+Fe2SO4
    3: NaHCO3+HCl→H2CO3+NaCl

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です