【動画講義】水素イオン濃度[H+]の授業を受けやがれ!

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

素イオン濃度を求めるのは

理論化学最後の難関と言ってもいいでしょう。

 

以前この記事で取り上げました。

電離平衡大全!pH計算のための水素イオン濃度の求め方!

そしてヒクくらい大学受験で

出てきます。

 

なので今日は全てを動画講義に

まとめてみました。

この動画講義を順番に見れば

確実に水素イオン濃度を求める力が

つきます。

 

動画を見る際に必要な知識

動画を見るためには、まず動画で使っている記号を覚える必要があります。

酸(Acid)塩基(Base)と言う英語をになります。

 

この頭文字のAとBをつかった文字を使います。

 

なので、Caは酸のモル濃度を表します。

逆に、Cbは塩基のモル濃度を表します。

 

他にも電離平衡も同じで、

Ka,Kbはそれぞれ酸、塩基の電離平衡を表しています。

 

 

厳密解なのか?近似解なのか?

酸塩基の水素イオン濃度を求める

問題は、厳密解を求めなければならないのか?

 

それとも近似解でいいのか?

という別れ道があります。

近似解を使っていい場面を

見極める方法をこの動画で

お話ししています。

水素イオン濃度を求めるときは○○を書け!

水素イオン濃度を求めるときは、

ある必勝法を使います。

これを使えるようになると、

最悪暗記しなくても求める事が、

出来ます。

また、厳密解は煩雑な式になるので、

普通覚える事が出来ません。

でも、あなたはこの方法で

毎回求める事が出来ます。

非常に簡単に導出できますので、

絶対に書けるようにしておいてください。

強酸の水素イオン濃度の求め方

強酸の水素イオン濃度の

求め方は、とにかく

厳密解を使うかどうかです。

その見極め方がこの動画で学べます。

強酸の水素イオン濃度の求め方の例題

強酸の水素イオン濃度の求め方の

例題を解いてみてください。

弱酸の水素イオン濃度の求め方

弱酸は水素イオン濃度を求める時、

厳密解か近似解かは、

『電離度』で判断します。

その判断の仕方をこの動画で

あげていますので、

ご覧下さい。

弱酸の電離度の求め方

弱酸には電離度が切っても切り離せない

関係にありますが、

電離度をモル濃度と電離定数で

求める事が出来ます。

キッチリ勉強したい人は、

こちらの記事をご覧下さい。

電離平衡大全!pH計算のための水素イオン濃度の求め方!

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

2 件のコメント

  • HA ⇄   H+ + A-
    Ca      0      0
    -αCa    +αCa +αCa
    Ca(1-α)   αCa    αCa ━①

    から平衡定数Kaに代入して
    Ka=(αCa)^2/Ca(1-α)

    α⋘1のとき ━②

    Ka=α^2Caより
    α=√Ka/Ca

    [H+]=αCa=Ca√Ka/Ca=√CaKa ━③

    ①について
    動画では先に電離度をαと設定せずに、とりあえず電離した分をxとおきあとから電離度αを定めたのですか?
    x=αCaという理解でよろしいでしょうか?
    ②③について
    このように仮定した結果③で0.05以下ならここでの近似が使えるという子どですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です