エネルギー図、熱化学方程式のわたなべ化学塾流解法の例外まとめ

熱化学方程式,エネルギー図,例外

こんにちは!わたなべです。

今回はこのブログで紹介しているエネルギー図の解法に関する質問、例外をまとめた記事にしていこうと思います。

 

 

エネルギー図に関する記事はこちらです。

ヘスの法則で熱化学方程式を解く超体系的エネルギー図法!

 

 

なので今回いままでこの熱化学方程式の解法に関するいただいた様々な質問に加えて、一応この記事にも書いた事ですがもう一度まとめておきます。

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

中和熱

こちらが質問。

質問 熱化学

こんにちは、先日レポートを見てとても感動しました!こんな考え方があるんだなと思いました!その中で少し疑問に思った事があるのですが、題名の通り、熱化学方程式の項で水和熱とは出ているのですが、中和熱などについては触れられていませんでした。中和熱に対してはどの様にして対処すればいいのですか?

わたなべの回答

熱化学 質問

中和はくっつくので

下向きの矢印です。中和反応はH+とOHがくっつく反応です。なのでくっつくから下向き矢印◯◯熱下向き矢印です。

化合物から化合物の準位になります。

化合物1———



化合物2———

みたいな感じに書きます。化合物同士に準位の差ができます。

でも◯◯熱は下向き矢印、熱量は右辺の法則がありますのでまた中和熱は熱量が56.5kJ/molですのでこれは、センターで一発で切れますので覚えておいてください。

なぜ中和熱が一定か?というと、全ての中和反応はH++OH→H2Oの反応が起るからです。

○○熱なのに与えられている値が負なんですか、、、、

これはよくあります。溶解熱などは、本来●という原子と水がくっつき●+aqという風にくっつく反応です。

エネルギー図の上から数えると水和状態は一番したなので本来『発熱反応』である必要があります。でも、こういう質問が来ました。

溶解熱

溶解熱
返信ありがとうございました!

化合物と化合物の結合(?)の数だけ化合物の線を書けばいいのですね!また質問なのですが、求めたい熱量の方程式の係数が1では無いときはどの様に図で表したりすればいいのですか?また、溶解熱は符号が負なのですがそれは矢印を下に書いといて−だと見なしておけばいいのですか?

わたなべの回答

溶解熱 例外

溶解という事象は非常に難しくて溶解熱は、中和熱、水和熱も含まれています。なので負になったりすることもあります。また大学に行かないと説明がつかない『化学ポテンシャル』に関しても知識が必要なのです。なので、このブログで解説できません。

なので、下向き矢印、熱量右辺と言う扱いでまず扱います。

水和熱の例として

Na+(g)+aq=Na+aq+404kJ

があげられますが、もし溶解熱が負だった場合、

普通に○○熱だから右辺に熱量を使う!と言うわたなべ化学塾流の解法を使います。

そしてたまたまこの熱量が負だった!と言うだけのことです。この例で言うともしナトリウムイオンの水和熱が-404kJだったとしたら、

Na+(g)+aq=Na+aq-404kJ

とするだけでいいのです。

 

まあこういう感じで、状態変化じゃない○○熱が負だった場合も色々な要因である。おそらく高校化学では説明がつかない。

 

 

だから慌てずに、いつも通りやる事をやる。気にせず、ただただ負になっているだけだから。

生成熱の反応

溶解熱と同じだけど質問が来たのでこれにも回答する。

エネルギー図

エネルギー図について、生成熱はマイナスにもなりうるという話を聞いたのですがわたなべさんが提示した手法にどう取り込んでいけばいいのか教えてほしいです。また、反応を起こしている物質をどの様に整理すればいいでしょうか。

これも先ほどの溶解熱と同じようにあつかう。普通に○○熱だから下向き矢印を書く、熱化学方程式は右辺に熱量を書く。それがたまたま負なだけ、

 

エネルギー図 

エネルギー図もいつも通りに書く。そして計算のときはQ=300-(生成熱)=300-(-115)=415kJとなる。

 

こういう風に○○熱が、状態変化じゃなかった場合は、気にしない。普通にアツかってあげる。

 

彼女がちょっと機嫌が悪くても男は凛とした態度で、挑む。いつも通り接する。そういうこと。

 

状態変化に関する○○熱

状態変化には○○熱でもバラバラになる方向に反応が進む物がある。例えば、蒸発熱など、これは水が気体になってバラバラになる様子。

熱化学方程式 エネルギー図

このように『バラバラになるもの』は○○熱ではなく、○○エネルギー扱いをする

 

このように『状態変化に関する○○熱』はその反応が『○○熱』なのか『○○エネルギー』なのかを考えなければならない。

 

例えば、凝固熱凝縮熱

状態変化を伴う○○熱

このようにくっつく方向へ進む青で囲まれている状態変化の○○熱は、いつも通り○○熱として用いれば良い

 

その逆に赤で囲まれている状態変化の○○熱は、○○熱と言う形をしていながらも、結局バラバラになっているから○○エネルギー扱いをしてくれればよい

 

 

電子親和力はどう扱うべし?

電子親和力 質問
電子親和力

電子親和力

いつもメルマガを楽しみに見ています

質問が1つあるのですが、

『合法カンニングペーパー』の4章にエネルギー図の解法がありましたが、

電子親和力の扱いはどのようにすればいいですか?

よろしくお願いします。

画像付きの質問。

電子親和力 電子親和力 電子親和力

そうやね!

俺の熱化学の解法法則で考えると、

 

電子親和力は例外になってしまう

じゃあ解けないのか?というと

 

そんなわけない!

電子親和力は、

電子親和力

電子親和力

この図のように、

単体の原子(Cl)1molと電子が『くっついて』

陰イオンになることで放出される

熱量!

 

『くっつく』ということは、

熱化学方程式は『右辺』で、

エネルギー図の矢印は『下向き』

ととらえればいい。

 

ということは、

電子親和力は、

『○○熱』として扱えば良い!

 

まあこの混乱は、

英語の『electron affinity』

の日本語翻訳ミスだと思う。

 

あなたは、

『電子親和熱』

と覚えればオッケー!

○○熱まとめ

状態変化に関する○○熱○○エネルギー扱いをする

それ以外の○○熱は熱量が負であろうと、関係なく○○熱扱いをする

 

熱化学方程式を書け!って言う指示があれば、○○熱として扱い、符号だけ操作する。

エネルギー図を書く場合は、下向き矢印に負の熱量を扱っておけばいい!

スクリーンショット 2016-04-27 14.10.38

こんな感じで質問があればどんどん質問受け付けていますので、なるべくコメントでお願いします。

またはこちらのお問い合わせフォームによろしくお願いします。

お問い合わせ

 

8 件のコメント

  • 村山まい より:

    体系的に理解できた気がして嬉しいです
    ありがとうございます
    質問なんですが係数はどう考えればよいのですか?

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      係数に関しては、酸素は気にしなくて良いです。
      他は係数をきっちり合わせましょう。
      C2H5OHの燃焼ならば、きっちり2CO2と係数を合わせる必要が在ります。

  • 久保D より:

    質問失礼します。
    さっそくですが、
    イオンと原子はどっちの方が安定なのか。という疑問についてです。
    エネルギーが大きいほど安定、小さいほど不安定という考えた方でいくと、
    イオン化エネルギーをエネルギー図で表すと、矢印は上になり、原子が安定で、イオンになる方が不安定ということなりますよね?
    また、電子親和力をエネルギー図で表すと、矢印は下向きになり、原子は不安定でイオンになる方が不安定ということになりますよね?
    結局原子とイオンはどっちの方が安定なのでしょうか?
    エネルギーで考えるのと電子配置などで考えると混乱してきました。

    もう1つの疑問はエネルギー図の大原則としては
    エネルギーが大きいほどバラバラなのか、
    エネルギーが大きいほど不安定なのか、
    それともその両方のバラバラで不安定なのか。
    また
    エネルギーが小さいほど、結合?かたまってる?のか、
    エネルギーが小さいほど、安定なのか、
    それとも両方のかたまっていて、安定なのか?
    ということです。
    長くなってしまいましたが、すみませんがどうかよろしくお願いいたします。

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      いえ、エネルギーが大きいほうが不安定です。

      それの両方です。

  • よしだ より:

    状態変化における○○熱のときは、何から何までと考えるんですか?

    • 受験化学コーチわたなべ より:

      気体、液体、固体です。
      液体→固体 (凝固熱)
      と言う感じです。

      • よしだ より:

        いや、エネルギー図においてです

        • 受験化学コーチわたなべ より:

          そうです。
          エネルギー図でも気体の方が上です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です