アミノ酸演習〜グリシンの等電点を求める問題〜

 

グリシンの第1電離と第2電離の式および電離定数K1、K2を次式のように表す。

グリシンの東電点

これらの値より、グリシンの等電点のpHを求めよ。

H3N+-CH2-COO+H2O⇄H2N-CH2-COO+H3O+
 
H3N+-CH2-COO+H2O⇄H3N+-CH2-COOH+OH

 
 
のように反応して、液中ではグリシン陽イオンもグリシン陰イオンも生成しているが、
[+H3NCH2COOH]=[H2NCH2COO] のとき、初めてグリシン全体の電荷が0となる。(グリシンの等電点の条件)
この条件式を使うには、K1式とK2式の式をまとめる必要がある。(K1,K2単独では使えない)。
   
グリシンの等電点の問題
この式で[+H3NCH2COOH]=[H2NCH2COO]の条件を用い、K1,K2の値を代入すると、
∴[H+]2=K1K2
∴[H+]=√K1K2=√1.0×10-12=1.0×10-6
よって等電点は6.0となる。