塩素の酸化剤の半反応式の作り方と水を酸化する反応を徹底解説!

どうも受験化学コーチわたなべです。

しょうご
塩素の半反応式ってどう作るの?
しょうご
塩素って水を酸化するって聞いたけど、そんなことって可能なの?

このような悩みは抱えていませんか?

本記事では水でさえ酸化してしまう酸化剤の塩素を扱います。この反応は高校化学で時々出てきますので、しっかり理解しておいてくださいね!

ぜひ最後まで読んでみてください。

塩素は酸化剤

塩素はハロゲンという17属元素に分類されます。電子をあと1個手に入れたら一番安定している「閉殻構造」になれますよね!

ですので、

塩素
とにかく電子を奪って、安定した閉殻構造になりたい!

こんな風に常々思っています。

塩素の電気陰性度

塩素原子が電子対を共有してます。でも、塩素はより安定した電子配置(閉殻)を好みます。

なので、他の原子から電子を奪って安定な電子配置になろうとします

他から電子を奪う=酸化剤としての役割」でしたよね?

還元剤:電子を投げる

酸化剤:電子を受け取る

このような理由から塩素だけでなくフッ素や臭素、ヨウ素のようなハロゲンは酸化力を持ちます。

塩素は漂白作用がある

塩素系の漂白剤ってありますよね。

上のように「まぜるな危険!」と書かれている塩素系の漂白剤をご存知でしょうか?

こちらは塩素の酸化作用を使って、物質を漂白しているのです。

これは衣類に付着している色素の結合を塩素が酸化して(電子を奪って)結合を破壊することで、色素を壊して色を落とすのです。

このように「電子を奪う行為」が漂白剤になる理由です。

塩素の半反応式の作り方の手順

半反応式を作る5ステップ
  1. 左辺に反応物(反応前の物質やイオン)、右辺に生成物(反応後の物質やイオン)を書く
  2. OとH以外の原子の数を合わせる
  3. 両辺で酸素が足りない辺にH2Oを加える
  4. 両辺で水素が足りない辺にH+を加える
  5. 両辺の電荷をeで等しくする

酸化剤と還元剤の半反応式の作り方!極限まで暗記を減らす方法

ステップ1:左辺に反応物、右辺に生成物を書く

Cl2→Cl

ステップ2:OとH以外の原子の数を揃える

Clの数は左辺が2個右辺が1個なので、右辺を2個にする必要がある。

Cl2→2Cl

ステップ3:両辺で酸素が足りない方にH2Oを加える

両辺ともOがないのでそのまま。

Cl2→2Cl

ステップ4:両辺で水素が足りない辺にH+を加える

塩素の半反応式にHは生じていないので、何もしない。

Cl2→2Cl

ステップ5:両辺の電荷をeで揃える

左辺の電荷が右辺より+2大きいので、左辺に2e加えます。

Cl2+2e→2Cl

このようにして塩素半反応式は完成いたします

まとめ

まとめ
  • 塩素は酸化力を持つ
  • 塩素は漂白力を持つ

いかがでしたか?

ハロゲンは電子を1個得ることで閉殻の陰イオンになれるため、酸化剤として働くものが多いです。

塩素以外の記事も随時更新していきますので、ぜひこちらも確認してみてください。

合わせて読みたい

ABOUTこの記事をかいた人

浪人の夏休みまで死ぬほど勉強したにも関わらず偏差値50を割ることも。そんな状態から効率よく化学を学び化学の偏差値を68まで爆発的に伸ばした。その経験を塾講師としてリアル塾で発揮するも、携われる生徒の数に限界を感じ化学受験テクニック塾を開講。 自己紹介の続きを読む。